記事一覧

ダウ理論④

3.『トレンドの終わりを認識する事。』ダウ理論①からダウ理論③に渡って、レンジ、トレンド転換から初期のトレンドに乗る話を解説してきたが、今回は、どの時点でトレンドが終了したとみなすことができるのかというテーマで話していきたいと思う。これが理解できれば、トレンドの発生から終焉まではもちろんの事、押し目買いや戻り売りのタイミング、ダブルトップ、ダブルボトム、ヘッド&ショルダーなどのほとんどのチャートパター...

続きを読む

ダウ理論③

2.『トレンドの発生を認識する事。』前記事にて、現在のチャートでの値動きが、レンジ相場、トレンド相場の2パターンあり、レンジ相場であるならば、一定の規則性のあるレンジ(ボックス型、ペナント、フラッグ等)なのかどうかを見極める必要性を伝えたが、今回は、ダウ理論を利用し、トレンド発生の初期を狙う方法を紹介しようと思う。前記事でも説明したが、値動きは、大まかに言うとレンジ→トレンド→レンジ→トレンドの繰り返しで...

続きを読む

ダウ理論②

成熟しきったトレンドを追っかけて値動きが逆行してしまうといった遅すぎるトレンドフォローをしない為に、値動きの原理原則を学ぶ必要がある。その一つの指針となるのが『ダウ理論』だ。そして俺達トレーダーが、このダウ理論を戦術的に使っていく為に学ぶ事は3つ。1つ目は、『現在の相場がトレンドか、レンジのどちらなのかを判別する事。』2つ目は、『トレンドの発生を認識する事。』3つ目は、『トレンドの終わりを認識する事。...

続きを読む

ダウ理論①

テクニカル分析の基本であり、相場の原理ともいえる『ダウ理論』あまりに有名すぎる理論故、今更ダウ理論がなんだと思う読者もいるかもしれない。だが、当たり前すぎる故に軽視され、トレード手法に取り入れていないトレーダーも多い。今回は、実践で使用できる様、特化したダウ理論の話をしていきたいと思う。6つの基本法則など、基本的すぎることは、割愛させていただく。多くの参考書などでは、ダウ理論を学び、高値、安値切り...

続きを読む

手法は1つあれば十分?一貫性を考える。

『一貫性がない人はFX取引で負ける運命にある』これは、世界中のトップトレーダーの間での共通した認識であるという。FXトレードをするときに自らが用いるトレード手法に一貫性がないと、プロスペクト理論で説明されているように、含み損は捨てにくく、逆に含み益は伸ばさず、すぐに利益確定してしまいがちになる。つまり、利小損大なトレードとなりやすいということだ。また、トレードに一貫性がないと、どんな手法を使ってよいの...

続きを読む

プロフィール

現役専業(予定)FXトレーダーmasaya

Author:現役専業(予定)FXトレーダーmasaya
現役FXトレーダーmasaya
まだ無名のFXトレーダーではあるが、かつてFXのド素人だった俺が、4年の歳月を経て、
月300pipsを安定して取ることができる独自のテクニカル分析手法、理論を構築し、現在に至る。 
昔の自分の様に、負け続けて悩むトレーダー達の道標となれるよう日々相場と向き合い、研究している。

最新コメント

月別アーカイブ